凡人るいちと0から学ぶ時事問題

凡人大学生と0から今現在起こっていることについて学んでいこうというブログです。毎週水曜日更新!!

別れとその後

お久しぶりです。凡人るいちです。

先週1週間お休みをいただいていました…というのも、その前にお話しした「仕事」がめちゃくちゃ忙しくなってしまい、帰ったらすぐ寝る生活になっていたためです。

仕事と趣味のバランスも大事ですね…

今回はこの時期ならではの話題と言うことで、「別れ」ということについて考えていきたいと思います!!

皆さんは「別れ」を経験したことはありますか?ぼくはそこそこにあるんじゃないかなと思います。(まだ、恋人との別れはないですが…)

悲しい出来事の「別れ」も少しでも前向きにとらえられるように書いていこうと思います。

「別れ」を経験したばかりの人、「別れ」が怖い人、「別れ」はないと思っている人…その他いろいろな人に読んでもらえたら良いなと思います。

別れを分かれ

「別れ」と聞くとかなり悲しいイメージがあると思います。それがどういった内容のものかに限らずです。

では、その考え方から脱走してみて、いい方に捉えてみようと思います。

「別れ」の反対の言葉は「出会い」です。

人生では「別れ」よりも「出会い」の方が多くあります。そして、それはだいたいの場合で同じタイミングで起こります。(「別れ」と「出会い」が同時にきたり、「出会い」が同時にたくさん起こったり、「別れ」がたくさん起こったり…)

だからこそ、「別れ」には価値があると思っています。

数が少ないものにはだいたい価値があるものです。

「別れ」は数が少ないからこそ、それが大きな経験になっていきます。そして、心に大きな影響を残していきます。

「別れ」を乗り越えて人は大きく成長できる。また、今までの「出会い」が本当にいいものだったから「別れ」がつらい。

ぼくはこう思っています。

もし皆さんの中に「別れがつらい…」と思っている人がいれば、それが本当に良い「出会い」だったことの裏返しです。

そんな「良い出会い」をした相手とは、またどこかで不思議な縁の元つながっていくことができます。必ずです。

大変かもしれませんが、まずは「別れ」を忘れて、次の「良い出会い」につなげていってください。

人生で大きな出来事でもある「別れ」を乗り越えた人ならもっと人生がハッピーになるはずです。そして、ラッキーも起こるはずです。

こんなのがぼくの「別れ観」ですが、仏教用語に「愛別離苦」という言葉があります。「愛する人との別れることの苦しさ」という意味です。

「別れ」があることは苦しみの1つです。でも、これは避けられないことでもあります。

だからこそ、ぼくは楽しんでほしいし、乗り越えてほしいです。また、避けないでほしいなと思います。

ぼくには「別れ」が結果として良い方向になったことがあります。それが、「故郷との別れ」です。

違う環境に身を置くことで違いを知れました。そして、どちらも好きになりました。

皆さんにこんな「良い別れ」があることを祈っています!!

 

最後にもう一つ。「別れ」には「分かれ」という同音異義語があります。

「分かれ」は「相手を分かれ。相手が分かれ。別れを分かれ。」ということだ。

こんな意味にぼくは解釈しています。

相手を分かったからこそつらい。相手が分かったからこそ悲しい。別れを分かったからこそ経験したくなくなる。

それが「別れ」の本質だと思います。

 

今回の記事はここまでです。書いていて涙が出そうになりました。

ぼくも「良い出会い」ができたんだな…とそう実感できました。

「別れ」を経験して本当に大切なものを見つけることもあります。

『大切なものはいつだってなくなってからわかるものだ。』

今回の記事が多くの人に届いたら良いなと思っています。

それではまた会いましょう!!次回更新は明日です!!

 

このブログでは様々な意見を募集しています。ぜひ下の質問箱に書いていってください。

[https://twitter.com/1105Monkey/status/1103931051221504002:embed#るいち ゆうや≒ブラウニーの質問箱です最近回答した質問 → 「質問箱の回答いつも楽しんでます!回答の総集編的な記事が...」https://t.co/sBLYzAnP8F